Last Modified: <%LastModified%>

<%ns_adp_include "../NavBar.adp" [ns_conn url]%>

Sc283(1) 情報科学応用演習I 資料 
〔旧版; 2002年度まで〕

概要目次参考資料

復習しておくべき事項
プログラムの実行が停止しなくなったときの対処法
課題一覧 <%MTime "task.html" 90 0%>
課題レポート提出に関する諸注意


概要

Visual Basic の処理系を用い,プログラムの簡単な例題を通じて,基本的なアルゴリズムとデータ構造を理解してもらう.また,系統的なプ ログラミング方法を,プログラミングの実践を通じて習得してもらう. (→シラバス)

処理系としては,Visual Basic 6.0 を使用する.当面はアルゴリズムの学習を重視するので,あまり "Visual" にはこだわらない.


目次

<%ns_adp_include "contents.html"%>

参考資料

参考図書
構造化プログラミング資料

出口先生のページ
言語C
データ構造とアルゴリズム


三浦欽也 (miura@mail.kobe-c.ac.jp) ・三浦研究室

<%ns_adp_include "../NavBar.adp" [ns_conn url]%>